2013年01月15日

大好きな漫画 「EDEN 〜It's an Endless World!〜」

今日は月曜日ですが成人の日で雑誌は発売してません。

とくに書くことも無いので僕の好きな漫画を紹介させていただきますm(_ _)m

「EDEN 〜It's an Endless World!〜」(作者:遠藤浩輝)
image.jpg

アフタヌーンで1997年〜2008年まで11年間連載されたSF漫画。
全18巻

SFと言いましたが、SF部分がメインなわけではなく、むしろ非常に文学的で、登場人物がの発言と行動が信じられないくらい深く考えられて描かれています。

エヴァンゲリオンが世に出た後、それに影響を受けた漫画やアニメがたくさんあります。
この漫画もエヴァンゲリオンに大きく影響を受けた作品の一つなんです。

ただ、数あるエヴァンゲリオンもどきの中で、唯一エヴァンゲリオンを超えたと言っても過言ではないのがこの作品が「EDEN 〜It's an Endless World!〜」です。(あくまで個人的にですがw)

2巻の中盤で、
「人は何かを信じるべきよ。『何も信じない』。そう言ってしまうことも時には必要だけど、“神様は、気が狂いながらも私たちを愛しているんだから”」
というセリフがあります。

僕なんかはこれでイチコロですよw

もしエヴァンゲリオンが好きだったらこれを是非読んでみてください。

絶対に面白いと思うはずです。

この作品のテーマは「愛」です
それも、途方もなく大きな。

最初の5巻は本当に文学的で、そっち系が好きな人にはたまらないはずです、ハイ。100%イチコロですよww

そこから徐々に物語が明るくなっていきます。
作者が疲れてしまっただろうか笑

でもしょうがないのかも。
宮崎駿だって40代の頃は「風の谷のナウシカ」のようなバリバリ文学的、思想的な(←僕の語彙が少なくてうまく合う表現がないm(_ _)m)漫画描いてたのに、今ではポニョなんか作ってやがるし(←別に批判しているわけではありません)。

人は歳を重ねると明るく、ポジティブになっていくのかも。
いろいろ考えるのに疲れてくるのかも。
あるいは人生経験が増えるとそーなっていくのかも。

チョーーーーオススメです(≧∇≦)
是非読んでみてください。

来週の土日あたり、エヴァンゲリオンのオススメの見方なんてのを書こうかと考えてます。

よかったらまた来てくださいね~
posted by カラーシュ at 00:06| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。